部門紹介

コーポレート・バンキング部門/Corporate Banking

 

コーポレート・バンキング部門とは

 

バンク・オブ・アメリカのコーポレート・バンキング部門は、米州、欧州、アジア太平洋地域に主要営業拠点を有し、グローバルにビジネス展開する事業法人、金融機関などの顧客のリレーションシップ・マネージャーとして様々なソリューションを提供しています。

各国のバンカーと連携しながら銀行のバランス・シートを活用した銀行ローン、買収ファイナンス、リース・ファイナンス等の資金調達ソリューション提供のみならず、他部署と連携しながら、キャッシュマネジメントや輸出入に関わるトレードファイナンス、外国為替の両替・ヘッジ等のリスクマネジメントに関する様々な金融商品を提供し、グローバルに展開する企業の財務活動・ニーズをサポートしています。

 

コーポレート・バンキング部門のアナリストの職務

 

コーポレート・バンキング部門のアナリストは、案件の組成や執行、顧客対応に関して、以下の職務を担当します。

 

  • 世界各国のシニア・バンカーや他部署のエキスパートと連携し、新規取引の開拓や、既存取引の管理を行います。
  • 顧客や内部のステークホルダーと交渉し、資金調達やリスクマネジメントに関するソリューションの提供を行います。
  • 顧客へのプレゼンテーションの準備などに携わります。

 

応募要件

 

  • 良い学業成績を収めていること(必須)
  • ビジネスレベルの英語、日本語ができること(必須)

 

その他経験など

 

  • 専門的分野で表彰もしくは良い成績を収めている場合には、その詳細も応募内容に記載してください。
  • インターンシップの経験があれば尚可。

 

求められるスキルや能力、資質

 

  • 優れた数学的能力、分析能力
  • 会計や企業財務などの知識(あれば尚可)
  • 優れたコミュニケーション能力
  • 積極性や自発性を備えつつもチームワークを尊重できる能力
  • 高いプロフェッショナリズムや誠意
  • 高いモチベーションと自発性
  • 事項の詳細への配慮
  • 短期間で学習できる能力、新しい職務に挑戦する積極性
  • 顧客重視の姿勢
  • 結果重視の意識
  • 同僚や上司と協働できる能力
  • マルチタスクを管理できる冷静さや自信

 

研修

 

入社後、業務に必要とされるビジネスの知識や財務/分析スキルを学ぶ研修を提供します。研修には国内研修と海外研修があります。海外研修には世界中の新卒社員が参加し、ニューヨ ークで実施されます。グローバルな人脈を作るネットワーキングの場にもなるはずです。

 

  • オリエンテーション・プログラム(会社紹介、ビジネス紹介など)
  • ビジネスマナー研修(国内のみ)
  • 金融資本市場についての知識やその他基本的ビジネススキルの研修
  • 金融市場業務に特化した内容の研修(実際の案件に関するシミュレーションや財務分析など)

 

上記の国内/海外研修終了後も、継続して様々なトレーニングの機会を提供していきます。