先輩たちの声

大野 麻衣子

資本市場部門

マネージングディレクター

2010年入社

所属部署、担当業務などを教えてください。

株式資本市場部にて、株式関連商品の専門知識を軸に、幅広い業種の企業に対して、資本調達の提案活動を日々行っています。また、提案活動が実りプロジェクトが発足した際には、エクイティ・ストーリーの作成やマーケティング戦略の立案や執行等、案件執行に主体的に関わっていきます。証券会社の業務の中でも、最も幅広い関係者と関わる部署だと思います。 

直接株式投資家と会話することで彼らの視点を理解しながら、同時に、資本市場に挑む顧客の目的を達成できるよう知恵を絞っていくという仕事は、広い視野やバランス感覚が求められ、とてもやりがいを感じます。また、資本市場のルールや海外との制度の違い等をタイムリーに理解することで、日本初の商品開発に携わる等、日々新しい知識に触れられることに刺激を感じます。

 

バンク・オブ・アメリカで働きたいと思った理由は何ですか?

私の仕事は、チームとして成功することが求められます。当社では、チームメンバーが互いに思いやり、各自の能力と個性を最大限高め合う姿勢が明確にあり、ここでなら思い切り仕事ができるな、と安心した記憶があります。 

私は出産休暇取得後に復帰をしていますが、全てが私にとって手探りだった中、一つ一つ、チームと相談し合って決定、また状況が変わる毎に調整をかけていきました。様々なライフスタイルのメンバーそれぞれが、尊重しあい助け合う文化が根付いています。産休明けの女性社員にとって自身の状況がハンディにならないことが当たり前な職場環境に、改めて最初の選択が正しかったと実感しています。

 

一日の業務・仕事内容を簡単に説明してください。

朝はクイックに、海外の同僚のメモ等、ニュースにはない情報をインプットしながら、顧客との面談の準備を行います。面談の合間に、投資家とのキャッチアップ、プロジェクトのメンバーで戦略会議を行ったりと、慌ただしく日中は過ぎていきます。時には、海外の同僚の力を借りるため、電話会議に夜の時間を活用します。日々のタスクをパズルのように組み合わせながら、時には同時並行で、やりくりしています。

 

今の部署で一番大切なスキルは何ですか?

業務で得た経験を最大限吸収し、自身をアップグレードしていく能力です。この業務に教科書はなく、個人が経験することが全てです。大小・成功失敗含め、日々の業務や多様な関係者との会話、プロジェクトから、一つでも多くの物事を学び、次への気付きを得ることで、他者とは異なる唯一無二のアドバイスが可能な、オンリーワンの存在になれると思います。

 

グローバルチームの一員として働いていますか?

バンク・オブ・アメリカとして顧客から期待されていることは、日本国内だけを見ていると分からない、グローバルな知見・経験に基づくアドバイスです。その為、海外チームと連絡を交わさない日は無いですね。また、プロジェクトにて顧客自身が海外主体であることも多く、海外とのスムーズな連携は必須です。逆に、ニューヨークやロンドン、香港等の同僚から、助言を求められることもあり、そういう時には、最大限のサポートを心がけています。我々日本メンバーに対する海外チームの惜しみない協力と尊重には日々感謝しており、当社の誇りの一つと感じます。

 

就職活動を行っている学生に対して、アドバイスできることはありますか?

業務を頑張ろうとするほど、長い時間を過ごす会社生活の質は極めて重要です。部署や仕事内容が自分に合うかどうかという見極めと共に、会社単位ではなく個人としてどれだけの経験を積めるのか、また、無用なストレスのない気持ちよく働くことができる同僚・職場環境かという点も重視して、厳しい目線で、企業を選んでいただくのが良いと思います。